ロード中...

新着情報

作成日時: 2014/07/10 バイアグラの作用機序

バイアグラの作用機序


バイアグラは性生活によく役立つと思われますね。今日、このバイアグラの作用機序をすこし話しましょう。

バイアグラ(シルデナフィル)は、生体内で環状グアノシン一リン酸 (cGMP)の分解を行っている、5型ホスホジエステラーゼ (PDE-5) の酵素活性を阻害します。これが陰茎周辺部のNO作動性神経に作用して血管を拡張させ、血流量が増えることによって機能すると考えられています。

勃起不全の症状がある場合、この薬(錠剤)を性行為の30分くらい前に服用すると陰茎が勃起し、性行為が正常に行えます。但し、性的なリビドーがない場合や陰茎に対する適切な物理的刺激がない場合には勃起は起こりません。また性的な気分を高揚させる効果はありません。この薬は陰茎の勃起に効果はあるものの精液の量を増やす効果はなく、射精時にあまり精液が出ない、いわゆる「空撃ち」状態になると射精の快感は半減します。